TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

【ギャラリー暮しの工芸】妙泉陶房 山本長左・山本篤 作陶展のご紹介

2017.05.18
5月17日(水)から開催の『妙泉陶房 山本長左・山本篤 作陶展』をご紹介します。

 

<イベント情報>
■5月17日(水)→23日(火)
※最終日は午後5時閉場。
■7階 ギャラリー暮しの工芸


石川県九谷で製作をされ宮内庁御用達の作家でもあるご兄弟の作品が展示されます。

<山本長左>

兄の長左氏は藍九谷と呼ばれる染付けを現代に再現することを志し、
伝統を受け継ぎ作陶しております。

呉須という顔料を使用した染付けが主流で、
同じ藍色でも古伊万里を思わせる落ち着きのある藍色です。

 

■色絵雉ノ図 扇型取皿(1枚) 税込12,960円

 

■芙蓉手 小鉢(四方) 税込9,072円

 

■(左上)藍九谷人物文 香合 税込37,800円
(右上)色絵異邦人 角香炉 税込75,600円
(下)藍九谷芙蓉手果実文 菊型楕円盛皿 17,280円

 

<山本篤>

弟の篤氏は造形美にあふれた黄磁釉の器を製作されています。

加賀九谷焼の伝統的技法を生かし形の美しさや楽しさを表現している器です。

 

■黄磁釉 桜鉢 小(1客) 税込8,640円

 

■(左)黄磁釉 花型鉢 中 税込19,440円 、(右)黄磁釉 花型鉢 大 税込27,000円


このほかにも、ご紹介しきれない商品が多数ございますので、ぜひ店頭でご覧ください。

また、5月20日(土)、21(日)の2日間は山本長左氏が在廊いたします。
皆様お誘い合わせの上是非ご来店お待ちしております。
 

『妙泉陶房 山本長左・山本篤 作陶展』

■5月17日(水)→23日(火)
※最終日は午後5時閉場。

お問合せ先:7階 ギャラリー暮しの工芸
TEL:03−3211−4111(代表) 内線:5720

ページトップへ