TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

ディズニー アートコレクションフェア開催中です!

2021.06.04
みなさん、こんにちは(*´▽`)ノノ

ただいま本館5階イベントスペースでは、
ディズニー アートコレクションフェアが開催中でございます!
 
子供から大人まで幅広い世代の方々に愛されている、
ディズニーのキャラクター達が描かれた
絵画作品の原画版画を数多く展示しているほか、
ディズニーのジグソーパズルもご用意してあります。
 
今回展示されている版画作品は、
海外で制作された「ディズニーファインアート」と、
最新の版画技術を使い、日本で制作された
「インパストファインアート」「フレスコジュエルアート」
「レイヤージュエルアート」「ジクレークリアアート」
の五種類に分類することが可能です。
今日はその版画技術について少しご紹介いたします。

今回の展示品において、まず共通して言えるのが、
ジクレー印刷という技術が使われていることです。
ジクレーはフランス語で「吹き付ける」という意味で、
デジタルデーターを、上質なキャンバスや版画用紙の上に
ミュージアムクオリティの顔料でプリントを施す版画技術のことです。

まず「版」を作らないといけない、
リトグラフやシルクスクリーンと比べると、
一枚でも手軽に作成できるメリットもあり、
特にパソコンで作品を作る画家さんが増えている今日に置いて、
注目を集めている技術です。

その印刷の原理は、
みなさんが良くご存知の家庭用プリンターと同じですが、
はるかに精密度が高く、
細部にわたって原画を忠実に再現することが可能です。
またジクレー版画で使用されている
専用のインクは色あせしにくく、
200年ほど保管できると言われています。

そしてジクレーと普通の印刷物との一番の違いは、
作家さんの監修が入ることです。
絵を描いた本人が納得するまで微調整を行い、
一点一点丁寧に制作されているため、
ジクレー版画は作家さんとプリント工房と共同で作り上げた「作品」と言えます。

実際今回展示されている作品を見てみると分かるように、
微妙な色の変化や滲みが非常に繊細に再現されています。
 
このように、キャンバスに印刷するだけでも
かなり原画の質感に近い仕上がりになりますが、
油絵は性質上、絵の具の厚みによって画面に凹凸がでてきます。
それをより忠実に再現するために誕生したのが、
インパストファインアートです。
 
 職人の手作業によって絵の具の盛り上がりや
筆、パレットナイフの跡を再現することで、
従来のジクレー版画にはない立体感深みが増し、
より感動的な作品に仕上げることが可能となります。

絵の具の厚みによる、細かな凹凸を再現するだけでなく、
絵全体の立体感を作る際も
インパストファインアートの技術が活用されています。


こちらはディズニーの長編アニメーション55作品を
一枚の絵に集合させたものですが、
ダイナミックに舞う映画フィルムが浮き出すように作ることで、
さらに奥行きが増して見えますよね。

 
同じく映画のフィルムを使った構図で、
こちらの絵ではジクレー印刷された紙を何枚も重ねて作られています。
この技法で作られた作品はレイヤージュエルアートと呼ばれており、
切り絵のような独特な味わいがあります。
照明の当て方によって影ができたり、見る角度が変わればまた新しい発見ができたり、
いつまで見ていても飽きないのがその最大の魅力です。
 
紙を重ねる代わりに、
キャラクターと背景の間にクリアシートを入れたのが
ジクレークリアアートです。
クリアなシートが使われているため、
レイヤージュエルアートと比べて、より透明感が増します。
この絵のようなきらきらとした透き通った空気感を表現するのに適した版画技法です。
 

最後に、こちらはフレスコジュエルアートです。
本来のフレスコ画とは、まず壁に漆喰を塗り、
その漆喰がまだ生乾きの状態で、水または石灰水で溶いた顔料で描く技法です。
インパストファインアートと同じく、
事前に凹凸をつけた表面に、インクを吹き付けて出来た版画ですが、
漆喰の特性上、より滑らかな仕上がりになるため、
柔らかい雰囲気の絵を表現するのに適しています。

このように、
版画を作る際はただ単に原画を再現するのではなく、
それぞれの版画技法の特徴を熟知した上で、
その絵のいいところが一番表現できる形を選び、
版画ならではの魅力を発揮させています。
そこも意識した上で、じっくり絵をご覧になってみると、
より楽しめるのではないでしょうか。

 一部の版画作品は髙島屋オンラインストアからもご購入いただけますので、
こちらもぜひご覧くださいませ。
▶︎髙島屋オンラインストア

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
「Disney Art Collection Fair」

開催中〜6月15日(日)
※最終日は午後5時閉場。
日本橋髙島屋 本館5階イベントスペース
 ------------------
【お問い合わせ先】
日本橋髙島屋 本館5階
玩具売場
(03)-3211-4111(代表)
ページトップへ