TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

米沢の稀少なぶどう蔓〈みちのく蔓工芸所 〉山ぶどう蔓カゴバッグフェア

2020.10.08


皆さま、こんにちは。
山形・米沢から、素敵なぶどう蔓カゴバッグが届きました!



〈みちのく蔓工芸所〉山ぶどう蔓カゴバッグフェア
■10月7日(水)→13日(火)
※最終日は午後5時閉場。
■本館7階 呉服サロン エスカレータ脇特設会場



山形県米沢市にある[みちのく蔓工芸所]が製作した、奥羽で生まれ育った山ぶどうの蔓カゴ。
厳しい自然の中で育った稀少な国産の山ぶどう蔓は、しなやかで丈夫なうえ、弾力性・耐久性に富んでいます。



~蔓工芸のできるまで~
①山で蔓の採集をし、山ぶどうの蔓の皮をはぎます。
この皮をはげる時期は、1年間でわずか20日間位
(6月中旬~7月中旬)しかありません。
②一定の厚さ、巾に切りそろえます。
③水に一昼夜つけた後、なめし、編んでいきます。



採集から完成まで、職人の心のこもった手仕事により出来上がる「山ぶどう蔓カゴ」は、
年月を重ねるごとに艶やかに美しく変化します。
「育てるカゴ」として山ぶどう蔓特有の経年変化を楽しみ、世代を超えて長年お使いいただけます。



未使用のバッグ(左)と約50年使い続けたバッグ(右)。
ぶどう蔓の節やざらざらとした質感が感じられる未使用のバッグに比べ、
長年使い込まれたバッグは深い色に変化、艶が滲み出ています。
まるで牛革のような滑らかな触り心地です。




特に細い3.5ミリ幅の蔓で編むバッグは上品な雰囲気で、製作難易度も高いそうです!
こちらのバッグは、受注承り中!
オーダーで一つ一つ丁寧にお作りしますので、来年5月頃にお手元に届きます。











丸や四角などバッグの形も蔓の編み模様も様々、約50種類の素敵なデザインが揃います!
きものや洋服、様々な場面で活躍する愛着の湧くバッグを是非、お手にとってご覧くださいませ。











お問い合わせ
本館7階呉服サロン 趣味呉服売場直通
03-3246-5027


ページトップへ