TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

ご当地マスクサミット~日本各地のきもの染織産地のマスクを集めました~

2020.09.09



みなさま、こんにちは!

マスクを着ける生活が日常となっている今、機能性はもちろん、デザイン、オリジナリティを求め、
ファッションの一部としてお洒落に着用する方が増えましたね!


日本橋店の呉服売場では、日本各地の染織の職人技、デザインをもっと身近に感じていただきたく、
江戸時代の”技”と”遊び心”溢れる「江戸」のマスクコレクションをはじめ、
全国のきもの産地の生地で作られたおしゃれなマスクを数多くご紹介しております!


憧れのきもの地をマスクで気軽に楽しんだり、好きな産地の染織を探したり、
新たな発見と楽しさが詰まった売場になっております、是非、一度ご覧くださいませ!!





ご当地マスクサミット
~日本各地のきもの染織産地のマスクを集めました~

9月9日(水)→15日(火)
※一部内容を変更して10月6日(火)まで開催いたします。
※最終日は午後5時閉場。
本館7階呉服サロン



江戸時代から伝承される”技”と”遊び心”が光る「江戸マスクコレクション」
にスポットを当ててご紹介いたします!



「北斎小紋」柄 純国産 絹マスク

江戸の浮世絵師 葛飾北斎は、稀代のデザイナーとしての顔も併せ持ち、きものや工芸品の図案集も手掛けていました。
北斎がオリジナルで考えたきもののパターン集「新形小紋帳」(文政8(1825)年刊行)からの文様を、
純国産糸(国内生糸流通量1%にも及びません)を用いた絹に染め上げたマスクです。



かわいいミニたとう紙がついています!


江戸の老舗〈竺仙〉絹紅梅マスク

高級ゆかた地 絹紅梅は、細い絹糸と太い綿糸を織り込んだ透け感のある織物で、軽く涼感の得られる素材です。
職人がきものづくりの技を応用して制作し、表地はきものに用いられる「しごき染」という伝統技法で柄を染めています。
反物のディスプレイは共布のゆかた地。マスクとお揃いでお仕立てもできます!



絹ですが、ご自宅で繰り返し手洗いできるので便利です!


江戸千代紙、おもちゃ絵の老舗〈いせ辰〉(写真下段)
千代紙の版元として知られる「菊寿堂いせ辰」は、創業150年を超えた今もなお、絵師、彫り師、摺り師という
三工程の職人の手を経て一枚の千代紙を作り続けています。
華やかな色彩の模様が手摺された千代紙の柄はどこか懐かしさと温かさを感じます。

ーお江戸日本橋の色々な町並みが描かれたマスクー(写真上段)
中央区37町の街並みと町名が描かれている千社札が散りばめられたマスクです。
1点1点柄が異なりますので、お好きな町を見つけてみてください!




伝統工芸士 青木啓作氏による「東京染小紋」マスク

型紙を用いて描く繊細な幾何学模様が美しく、気品があります!
上質な綿ローン地のマスクは、宝尽くし、トンボなど、様々な意匠を見比べて楽しいです。





日本各地のきもの染織産地のマスクもございます…!


有松絞り、注染ゆかた、



小千谷ちぢみ、牛首紬、近江上布、能登上布、結城紬、



博多織、久留米絣、片貝木綿、藍染、阿波しじら、亀田織、



京友禅、加賀友禅、


など、まだまだご紹介しきれないほどのご当地マスクがございます!!

日常生活に和のおしゃれを取り入れ、各地の染織を皆さまのお手元でお楽しみくださいませ!




※売場ではご当地マスクのほか、シンプルなガーゼマスクもご用意しております。
※初めてマスクをご使用になる際には、一度洗濯してからご使用くださいませ。
マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
※マスクは「衛生商品」につき、開封後の返品・交換はご容赦願います。



ページトップへ