TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

2018年1月4日に新春イベントを開催しました!木遣り唄・まとい振り&はしごのり

2018.01.05
1月4日に毎年恒例の新春イベントを開催しました。

江戸消防記念会第1区のみなさまによる
新春 木遣り唄・まとい振り&はしごのりです。

イベントの様子をレポートします。

江戸消防記念会は鳶職の方々で結成されています。
まずは高張り提灯をかかげ、まといを振って高島屋の1階正面ホールに入場です。



正面ホールを1周ぐるりと練り歩き、その後、木遣り唄をご披露いただきます。


多くのお客様がご覧になっていますが、厳粛なムードの中、唄声が響きます。
お次はまとい振りの披露です。
纏(まとい)、こちらのこと↓


江戸時代に町火消の各組が用いた旗印の一種でそのデザインは各組により様々だそう。
そして驚きなのが、こちらの重量。なんと15-20kgとかなり重く、スムーズに動かすにはかなりの腕力が必要だとか。
まとい振りの方は、振り上げたり回転させたりして、房飾りを踊るように動かしていました!

その後、正面玄関前に移動し、いよいよはしごのりです!
小さな鎌のようなものがついたこちら棒で竹のはしごを支えます。
仲間がいろんな方向から力加減を調整してまっすぐにはしごを立てています。


そしてはしごを身軽に駆け上っていき、「あけましておめでとうございます!」の幕が出ました!


しなるはしごの上で演技が続きます。



多くのお客様が見守る中、逆さまに!感嘆の声があがります。

緊張感あふれる空気の中、いよいよ最後の演技!大きな拍手が起こりました。

その後は江戸消防記念会第1区のみなさまと、日本橋高島屋の店長・副店長が向かい合って新年のご挨拶。
中央区日本橋のこの地域を協力しあって盛り上げていきましょう!




日本橋高島屋は今年秋に「日本橋高島屋S.C.」のオープンを控えており、より新しく、より楽しいお店を目指して進んでまいります!
本年もよろしくお願いいたします。




ページトップへ