TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

【開催報告】 髙山光展 安濃津茶盌

2020.04.03
【※本ブログは既に終了した展覧会の開催報告です。髙山光展は3/31(火)をもちまして終了しております】

ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

連日新型コロナウイルスの流行拡大に関する報道が続いており、
お客様におかれましても不安な日々をお過ごしのことと存じます。
日本橋髙島屋美術画廊では毎週展覧会を開催させていただいておりますが、
なかなか会場に足を運ぶことが難しいお客様も多いかと思いますので、
ブログにて会場の雰囲気をお伝えできればと思います。

2020年3月25日(水)→31日(火)
髙山光展 安濃津茶盌を開催いたしました。







一服の茶を頂くために
茶盌を両手で抱えこむ
作者の温もり優しさが
手の平から伝わる

豊かな見込みから口元に
手の内でお茶の流れを楽しむ
口づくりは付かず離れずが
好ましい
 
一服の茶を頂き終え
少少の土の重みを右手に感じつつ
畳の上に茶盌を下ろす
心地よい存在感が脳裏に残る

高台を拝見する
土を削るためだけにカンナが
鋭く入っている
作者の自由奔放な人柄が
見受けられる

面で受けるか
線で受けるか
点で受けるか
作者の意識をたたみつけから
感じとる

光さんと茶盌の話を
積み上げた頃
白山窯の近くで
土を掘り 土を作り 土により添い
形を創り
安濃津(現 三重県津市)茶盌が
出来上がった

師の言葉
「陶芸は茶碗で始まり茶碗に終わる」
一瞬の静粛の後
「もう私も終わりですかナ」と
髙山光さんが微笑む

翫粋 一法 真人


作品をいくつかピップアップしてご紹介いたします。


〈安濃津井戸手茶盌〉


〈安濃津井戸手茶盌〉


〈安濃津粉引茶盌〉


〈安濃津粉引茶盌〉


〈安濃津黒茶盌〉


〈安濃津黒茶盌〉


〈安濃津刷毛目茶盌〉


〈安濃津焼締茶盌〉


〈安濃津焼締茶盌〉


〈焼締壷〉


髙山光 陶歴
1943 三重県津市に生まれる
1962 近藤悠三、加守田章二に師事
1974 個展(日本橋髙島屋)〔同’76 ‘78 ’85  ‘97〕
1982 個展 大壷展(日本橋髙島屋)〔同’91〕
1990 個展(三重県立美術館)
2004 個展 大皿展(日本橋髙島屋)
2015 個展(日本橋髙島屋)




ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
今後も展覧会の様子をご報告させていただきますので、どうぞご期待くださいませ。

---------------------------------------------------------------------
 なんと、髙島屋オンラインストアーにて美術品がお買い求めいただけます。
 ぜひオンラインでも美術作品をお楽しみくださいませ!
 高島屋オンラインストアーこちらから、ご覧いただけます。
 ----------------------------------------------------------------------

他店のアートブログも更新中でございます
新宿店も!
大阪店も!
京都店も!
横浜店も!


ページトップへ