TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

酒器展

2019.12.21

ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ただいま美術画廊では、毎年恒例の酒器展を開催中でございます!



毎年この時期を楽しみにしていただいているお客様もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
今年も巨匠作家から若手人気作家まで約70名・500点以上の酒器を一堂に展観しております!





年末年始の集いのお席や、特別な日の酒席、そしてもちろん普段使いに♪
楽しいお酒の席を彩る、個性豊かな酒器をたくさん取り揃えております。

 
いくつか作品をご紹介いたします。


吉田 美統〈金襴手花唐草文酒器〉
金襴手が華やかなこちらの酒器は年末年始のお祝いのお席にもぴったりですね!

人気の巨匠のお作品もたくさん取り揃えております。

十五代 酒井田 柿右衛門〈濁手梅花文ぐい吞〉(左) 〈濁手松文ぐい吞〉(右)


十四代 今泉 今右衛門〈色絵吹墨墨はじき草花文ぐい吞〉(左) 〈色絵吹墨墨はじき柘榴文ぐい吞〉(右)


十三代 三輪 休雪〈淵淵盃〉

土ものの酒器でいただくお酒はまろやかで格別ですよね。
こちらの徳利はころんとした丸いフォルムがかわいらしい印象です。

井銅 心平〈三島ぐい吞〉(左) 〈刷毛目徳利〉(右)


星野 聖〈備前酒吞〉(左) 〈備前蕪徳利〉(右)
焼き締めの力強さと素朴さ、自然釉薬の生み出す景色がなんともいえない味わいです 。



坂倉 正絋〈萩酒盃 大道粉引〉(左) 〈萩酒盃 刷毛引〉(右)
こちらは使い込むほどにいい味わいが出てきそうですね。
育てる楽しさもまた酒器の魅力のひとつですね。



野口 健〈乾湿酒器〉(左) 〈乾湿片口〉(右)
乾湿の酒器は丈夫で軽く、使いやすいのでおすすめです。
巻きつけてある縄目もモダンでおしゃれです。



市川 透〈ぐい吞 Hallelujah 2019〉(左) 〈徳利 Hallelujah 2019〉(右)
秋の個展でも大好評を博した市川先生の、力強く斬新な造形の酒器です。


酒器展では、若手作家の新作も数多く取り揃えておりますよ!


クリスマスプレゼントにもおすすめのガラスの酒器もございます。

河野 千種〈ミニグラス〉(左・中央) 〈徳利〉(右)


松尾 一朝〈酒盃〉(前列)
神田 正之〈Sakazuki〉(後列)



若杉 聖子〈盃〉(左右) 〈片口〉(中央)
こちらは女性のお客様にも大変人気のお作品です♪


ほんの一部をご紹介させていただきましたが…気になるお作品はございましたでしょうか?
ぜひ会場に足をお運びいただき、お気に入りの一点を見つけてくださいませ♪


皆様のお越しをお待ちいたしております!


酒器展
■2020年1月7日(火)まで
■6階 美術工芸サロン
※最終日は午後4時閉場



---------------------------------------------------------------------
 なんと、髙島屋オンラインストアーにて美術品がお買い求めいただけます。
 ぜひオンラインでも美術作品をお楽しみくださいませ!
 高島屋オンラインストアーこちらから、ご覧いただけます。
 ----------------------------------------------------------------------

他店のアートブログも更新中でございます
新宿店も!
大阪店も!
京都店も!
横浜店も!


ページトップへ