TAKASHIMAYA BLOG日本橋タカシマヤ

【美術画廊X】漆表現の現在 vol.1

2018.07.02
ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

只今、美術画廊Xで開催中の展覧会のご案内です。

漆表現の現在 vol.1
■7月16日(月)まで
■6階 美術画廊 X

このたび日本橋髙島屋美術画廊Xでは、漆による造形表現の第一線で活躍を続け、現在、金沢美術工芸大学で後進の指導にもあたられている田中信行先生の企画協力にもと、長い歴史を持つ日本ならではの漆という素材に新しい表現方法を与えている5人の新鋭若手作家によります展覧会を開催しております。


太田 翔平 先生は1987年大阪府生まれ。日々の状況や感情に応じて刻々と変化する「ペルソナ」を抽象化し、仮面で表現されています。
 

楊 立山 先生は1983年中国河南省生まれ。古代中国の身体思想を考察し、混沌を主題に制作されています。


村田 佳彦 先生は1977年群馬県生まれ。鳥の舞う姿や自然のもつしなやかなラインを漆の質感で形象化されています。


百瀬 玲亜 先生は1987年長野県生まれ。芽吹き成長する草木をイメージした作品を有機的なフォルムと鮮やかな色漆で表現されています。


青木 千絵 先生は1981年岐阜県生まれ。人体と抽象形態が融合した独特のフォルムの作品で存在感を表しています。

生活の中で機能性や実用性を携えながら、日本人の寄り添ってきた「漆」という素材に新たな立体造形表現で斬新で新鮮な息吹を吹き込んだ五人のそれぞれの形をお楽しみください。

漆表現の現在 vol.1
■7月16日(月)まで
■6階 美術画廊 X




----------------------------------------------------------------------
 なんと、髙島屋オンラインストアーにて美術品がお買い求めいただけます。
 ぜひオンラインでも美術作品をお楽しみくださいませ!
  高島屋オンラインストアーこちらから、ご覧いただけます。
 ----------------------------------------------------------------------

他店のアートブログも更新中でございます
新宿店も!
大阪店も!
京都店も!
横浜店も!
ページトップへ